ドル/円の下値はどこまで

先週のドル/円は、予想通り一旦102円台に戻し、上値が重い展開となって反落しました。

今週は、週初から下値を攻めている最中ですが、現在堅い101円台前半を割ると、2月始めの安値である100.7円台くらいまでは下落する可能性があります。
100.7円台は、週足ボリンジャーバンドの-2σが位置するところでもあり、一旦はこのゾーン付近で下げ止まるのではないかと思いますので、FX初心者にありがちな、追いかけすぎて痛い目に遭うことがないようにしたいものです。

上値は、現時点では101円台半ばが重い状況ですが、抜けても、102円台前半がせいぜいではないでしょうか。

なお、日足のボリンジャーバンドや一目均衡表は以下のような状況です。

■ 日足ボリンジャーバンド

・ 各バンドが下を向き始めていて、戻り売りが出やすい展開になる可能性
・ 勢いをつけて下落し、バンド幅を広げていくようだとよりいっそう下げる可能性が高くなる
・ バンドウォークで下げていく可能性も

■ 日足一目均衡表

・ 今週水曜日、木曜日あたりに雲のねじれがあり、底になったり、雲に向かっていって天井になったりする可能性がある
・ 当分の間雲は非常に薄い状態で、上抜けしやすい状況

あくまで一つのシナリオですが、雲のねじれがある明日、明後日あたりに101円前後や100.7円台などで底を打って、一旦戻すという展開も考えられそうです。

ごく目先は戻り売りが有利だと考えられます。

為替ブログランキング

このポイントに注目!FX会社の選び方

外為オンライン


主要各社がドル/円スプレッドが1銭未満、小数点以下3桁表示なのに対して、外為オンラインはドル/円スプレッド1銭、表示桁数は小数点以下2桁です。これは、コスト的にはごくわずかに不利なのですが、その反面細かい動きに惑わされず、またいくらスプレッドが小さくても取引コスト的に不利である超短期決済の繰り返しをやろうという気も起こらないので、初心者にとっては勝ちやすい場合もあります。

外為オンラインの口座開設案内ページはこちら

マネースクウェア・ジャパン


なんといっても特許の「トラリピ」という注文方法が特徴的です。トラリピは、設定すればあとは自動売買なので、FX初心者が陥りがちな決済が早すぎるというミスを防止してくれます。何度でも繰り返し同じ範囲で設定されるので、特に今年のような上にも下にもふらふら動くようなボックス相場に強いです。

マネースクウェア・ジャパンの口座開設案内ページはこちら

このページのURL: http://xn--fx-5f5cp98btkbxy1ivhq.net/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/%E3%83%89%E3%83%AB%E5%86%86%E3%81%AE%E4%B8%8B%E5%80%A4%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7

おすすめ記事

ページ上部へ戻る